• やすおか宏武

やすおか宏武後援会連合会・新春「第3回チャレンジ2020」を開催しました。

最終更新: 2月11日

令和2年2月8日(土曜日)に、やすおか宏武後援会連合会・新春「第3回チャレンジ2020」を開催しました。



大盛会で会場は満杯となり、また、駐車場が足りず、お帰りになった方もおられたとのことでご迷惑をおかけしました。





今回は4月にある鹿児島市議会選挙を控えて、日頃大変お世話になっている市議会議員の皆様の応援を兼ねた会としました。


また、金子万寿夫衆議院議員をはじめ、鹿児島県議会議員、市町村長のご出席をいただきました。



そして現職市議会議員20名と新人2名の候補の方々を紹介しました。

会場には、候補の方々のぼりを立て、また、候補予定の皆様のアピールポイントをスクリーンに映し出しながら紹介をしました。




そして、私も初めての挑戦として、スクリーンに映像を映し出し、自らスマホで操作しながら、これまでの取り組みや考えをお伝えいたしました。


地元の市議県議の先生方の知恵やお力も借りながら、1区内57小学校区全てを網羅する地域後援会を立ち上げたこと、1526人の自民党員獲得など、昨年一年の取り組み、多くの方のご協力に感謝をお伝えしました。


また、ふるさと創生支部長として、鹿児島のふるさと創生に使命感を持ち取り組んでいる様々な活動についてもお話ししました。


そして何より、子供達の未来に、「経済的な豊かさだけでなく、地方で暮らし豊かさをしっかり選択できる未来を、自分の力で社会を変えられると思える未来を残したい」と、強く訴えさせていただきました。


加えて、今年は父保岡興治の想いでもある「憲法改正」を地元のみなさんと私なりのやり方で前に進めてまいります、とお誓いしました。


母も妻を横に置いて挨拶に立ち、昨年他界した父興治への感謝と、私への支援のお礼を述べてくれました。



最後に、鹿児島市議会議員選挙での当選と来たる衆議院選挙での鹿児島一区奪還を祈念し、ガンバロー三唱を行いました。



この会を通して、皆様に私の燃える想いをお伝えできたと思います。


「攻めて 攻めて 攻めまくる」

「チャレンジ 未来へ繋ぐ挑戦」



寒い中、ご参加を頂いた皆様に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

302回の閲覧